ログイン
HOME  » 腰痛はどうして起こる?ならない方法は?寝た時、起きた時の腰痛を直すことができた話

腰痛はどうして起こる?ならない方法は?寝た時、起きた時の腰痛を直すことができた話

ホームページ工事中

寝ているとき、起きた時の腰痛の原因は?どうすれば痛くならないか。

寝た時、起きた時の腰痛の原因と対策を知っておこう!

人間の体の中でも寝ている時に負担となりやすい腰の部分。
どうして痛くなりやすいのか、仕組みをしっかり理解して解決しよう。

ご自身の体を観察していただいてもわかる通り、人の背中は真っ平らではありません。背骨に関してもカーブがあり、特に腰の部分は急になっています。
腰の強いカーブは、”腰椎湾曲”と呼ばれます。これは人が2足歩行を行う際に必要な形と言われています。腰の部分は、背中からお尻にかけて凹むようにカーブしているため、敷布団などの平らな面で横たわった際には腰に負担がかかるという事になります。
夜は長い、腰の負担が少しでもあると・・
仰向け時には、背中とお尻の出ている部分が床にしっかりと着き、腰の部分が浮くような感じになります。寝た瞬間は腰が痛くなくても、十分に休まりづらいまま長時間この体制でいなければならないので、時間が経つ連れてより腰に負担がかかってきます。この状態が「寝た時に腰の痛い」「起きた時に腰が痛い」という事になります。
腰の引っ込んだ部分、背中とお尻の出ている部分。背中やお尻は優しく沈み込ませながらも重要な腰の部分はしっかりと支える事のできる写真のような姿勢で眠ることができれば、腰に負担がかからない為、寝ていて腰が痛くなることがなくなります。もちろん起床時の腰痛の問題も解決されるでしょう。

腰痛が前より良くなった人、無くなった人達の話

寝たら腰が痛い・朝起きた時、腰が痛くて立てないなどの理由。
これを知ることで寝た時や寝起きの腰の痛みの対策がわかる。

寝たら痛い時、朝起きて腰が痛い人への腰痛情報とチェックポイントまとめ

  1. 知っておこう!腰痛の種類
    あなたの腰痛はどのタイプに当てはまる?

    腰痛の種類について詳しく読みたい方はこちら


     
  2. 腰痛は大きく分けて2種類

    腰痛タイプA:病院で治療を受ける必要がある腰痛 (腰痛の15%)

    腰痛タイプB:お医者さんでも原因がよくわからない腰痛 (腰痛の85%)


     
  3. 85%にも及ぶ原因不明の腰痛は生活習慣に原因がある?!

    腰痛が起こってしまう2つの大きな原因

    腰痛の原因その1 仕事中

    腰痛の原因その2 睡眠中

    腰痛の原因その3 寝ている時間に腰痛が悪化する!


     
  4. 寝た時や起きた時に腰が痛くならない方法

    腰痛の85%を占めると言われる「原因不明の腰痛」は当店にお任せください。

    ねむたやは腰痛の中でも「お医者さんにもわからないと言われる腰痛」に関して、原因を見つけており、実際にそれらの腰の痛みの問題を解決してきた実績があります。※非特異的腰痛症(※お医者さんにも分からない原因不明の腰痛)の専門家です。


     
  5. 睡眠時、起床時に腰が痛くなる原因は?

    寝た時や起きた時に腰が痛くなる原因は人の身体の形、構造に原因がある。


    寝ていたら腰が痛くなる原因は寝ているせんべい布団や硬めのマットにある。

    夜中から明け方に腰が痛くなる原因は寝ている低反発マットレスにある。

    寝て起きた時の腰痛の原因は金属コイルマット、ポケットコイルにある。

    寝た腰が痛くなるのは「寝返りしやすい」と謳われているウレタンマットにある。

    寝て腰が痛くなるのは「実際は高反発の機能性のない」人気高反発マットレスにある。

    就寝時から起床時にかけて腰が痛くなる原因は日本の敷布団やマットレスに問題がある。

    朝起きて腰が痛くなる理由は敷ふとんやマットレスに対する日本人の意識と考え方に原因がある。

     
  6. 寝て腰が痛くならない方法を見つけ出した人達の感想
    寝て痛かった腰の痛みを治した、改善できた人たちの実際の声

    感想その1
    腰痛が無くなった、改善した人達の声

    感想その2
    寝ると余計に悪化していた腰痛が治った、改善した人達の声

    《腰痛は寝て治す


    感想その3

    仕事やスポーツで傷めた腰痛を寝て治した人たちの経験談

    感想その4

    腰痛を寝て治して整骨院の通院が減った人、通院しなくなった人の声

    感想その5

    ヘルニア、脊柱管狭窄症の人が適切な寝具を使い始めてからの感想

    感想その6
    妊婦さん、妊娠中の腰痛が治ったり軽減した話
     
  7. 寝た時に痛い腰痛の治し方、痛くならない方法
    寝ている時間、腰の痛みが起こる原因を無くし、腰痛を改善し解消できる理由

    その1:

    腰を支えること、これが腰に負担をかけない寝方

    その2:

    立っている姿勢に近い姿勢の大切さ

    その3:

    寝た時の腰の痛みを寝て治せるわけ

     
  8. 腰が痛くならない状態で眠れるのはゴールでは無い。本当の目的とは

    寝て腰が痛く無くなると回復する眠りが手に入り、睡眠の質が向上します。

     
  9. 睡眠の質、免疫力向上、健康、生活の質、寝たら腰が痛いことが解決されると得られる多くの大切なもの。
     

    寝た時に腰が痛くならない眠りができるようになると健康が促進され生活全体の質にも良い影響をもたらすことができる。健康さは心身ともに活力となり幸福へつながる。

     

  10. 寝たら腰が痛かった、朝起きたら腰が痛かった人たちが腰痛を改善、解決させたベッドやマットとは

    腰の痛みを治したベッド、マットについて詳しく読みたい方はこちら

     
  11. 「寝ている時に腰が痛かったのに治った!」「朝起きた時の腰痛が無くなった!」と言っていただけるベッド、マットレスは実際に試せます。


     

    寝て腰痛が治ったと評価されるベッド、マットレスの体験会について詳しく読む

人の背骨のカーブと身体の凸凹。

これが一般的な敷き寝具環境で腰痛になる原因となります。

「寝ると腰が痛くなる」「起きた時に腰が痛い」理由は睡眠中の敷き寝具(マット・敷布団)の環境に原因があります。

寝て腰が痛くならないようにするには、腰が適切な強さで支えられる寝姿勢が大切です。身体の凸凹に合わせて適切な姿勢で眠れるベッドやマットが有効です。

寝て腰が痛く無い状態で休むことができれば、深く眠ることができ、睡眠の質が高まります。疲れが取れ、朝の目覚めも良くなることでしょう。

腰痛の種類を知ろう

日本人の4分の1が抱えていると言われている腰痛の問題。実は原因が特定できている腰痛の数は5種類とされています。
 
  原因が特定できる腰痛(病名) 割合
椎間板ヘルニア 4〜5%
脊柱管狭窄症 4〜5%
圧迫骨折 4%
感染性脊椎炎や癌の脊椎移転 1%
大動脈瘤、尿路結石等の内蔵疾患 1%
原因が特定しきれない腰痛=非特異的腰痛症 85%
 

(厚生労働省ホームページ内資料「腰痛対策」より)
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/1911-1_2d_0001.pdf

あなたのお困りの腰痛はどのタイプ?

どの腰痛が当てはまりますか? 病院の検診で特定できる腰痛は全体の約15%

お医者さんの検診でわかる5種類に分類される原因からくる腰痛は全ての腰痛の中の15%なのです。
腰の悩み、あなたはどのタイプ?
  腰痛が国民病と言われていることを知っていますか? 日本人の多くが悩まされている症状で国民の4分の1人が何らかの腰痛を持っているというデータもあります。(厚生労働省ホームページより)

国民の4分の1=約3000万人の腰痛を抱える人たちのうち 85%(2550万人)もの人が、病院などの診断や検査では 明確な異常や原因は不明「非特異的腰痛」とされはっきりとした処方などはない状態となっています。

 
日本の人口    
腰痛持ちの人 国民全体の25% 約3000万人
原因不明の腰痛の人 腰痛持ちの85% 約2550万人
 

厚生労働省ホームページ内資料「腰痛対策」より
ここで注意しておいて欲しいのが、厚生労働省は労働中の腰痛発生対策をメインに考えていること、実際は睡眠中の腰痛もしっかり注目して欲しいポイントです。寝た時に腰が痛い、起きた時に腰痛を感じていて日中生活や仕事をしていると腰の痛みが治ってくるという話も実際に多く声を頂いています。

ここから先は工事中です。このページに関しての内容については詳しくはメールかお電話でご質問ください