ログイン
HOME  » 眠りへのこだわり

眠りへのこだわり

ねむたやは眠りの可能性を知っています。

ねむたやは、四国の香川県にある、「身体の休まる眠り」を提案しているお店です。

眠りは本来、身体をしっかりと休ませる大切な時間なのですが、

その時間に首肩腰の悩み・睡眠の問題が起こってしまう方が多くいらっしゃいます。

寝ているところが環境が休まる場所か疲れる場所かは寝具の環境で随分と決まります。

眠りの三大要素である、正しい寝姿勢・適切な温度・適切な湿度
これらのバランスを一人一人の体型や体質に合わせ整えることで、
リラックスし深い呼吸で気持ちよく休めるご提案をさせて頂いております。

首肩腰の悩み、寝具選びや眠りのご相談は、どのようなことでもお気軽にご相談くださいね。
睡眠環境でそこが休まる場所か疲れる場所かが決まる。

眠りの可能性を知っているからこそ危険性を感じている

眠れない人や、腰痛の人がまず困って相談に行くところはどこでしょうか。
それは寝具店でなく病院や整骨院です。それはおかしいことではありません。

それらは眠れないなどの悩みや腰痛などの問題を薬や努力で解決しようとすることです。
対処としては適切かもしれませんが、根本的な問題の発見や解決にならない可能性があります。

例えば、凸凹した固い石のような床で寝ている人がいるとしましょう。
その人はそれが習慣で通常の睡眠です。
その人は朝起きた時からなぜか痛く、病院に相談し薬をもらいます。
固い石が固く、身体が痛くて休めていないことに気づかずです。
薬を飲むと痛みは無くなりますが、薬が切れると身体中が痛いので薬の量が増えていき、しまいには身体のさまざまな器官の問題が起こります。

このような劣悪な、又身体に合っていない寝具を使うことによる睡眠での悪循環は至る所で見られます。

特に日本は、寝具先進国のヨーロッパに比べ睡眠の歴史は浅い畳に布団の文化と言われています。
リラックスよりも狭い部屋をうまく機能的に使えるような、薄くてたたみやすい物が寝具であるため、
実際十分にやすむ環境も、そしてのびのびと寝具の上でくつろいだり、クッションや枕をたくさん使って休むような習慣もありませんでした。
これらのことが腰痛肩こりの多い国と言われる日本の裏に潜んでいます。
起きた瞬間から身体が痛いのに、睡眠時の環境が原因であることに気づかない人も多い。

ねむたやが提案する快適な眠りの3つの基本

寝姿勢
寝姿勢
首肩腰など部分的に負担をかけない姿勢。
身体が歪まないように休むことで自然と深い呼吸ができるようになる。
保温
適切な保温
身体を冷えから守り安心して過ごせる環境。
暑すぎず、汗をかきすぎないバランスも必要です。
湿度調整
湿度調整
寝ている時間の人の体温は常に変化しています。
夜中寒くなく休める環境に必要なのが湿度調整です。

おすすめするのは無駄がなく目的を果たすシンプルなアイテム

寝姿勢・温度・湿度。寝ている時に一人一人に適した環境を作るために、
天然素材を中心とした快眠寝具をご案内させて頂いております。
一つ一つの寝具の役割をはっきりとお伝えでき、使う側も安心して休める本格的な眠りをご提案させて頂きます。