ログイン
HOME  » 腰に良いマットレスはどんな素材?

腰に良いマットレスはどんな素材?



Welcome Nemutaya's Homepage!!

ねむたやのホームページようこそ

あなたは番目の訪問者です。
腰の悩みはお任せください

このページでは腰に優しいマットレスの素材についてのご説明をしていきたいと思っています。

腰痛の方、お悩みを持つご家族がいらっしゃる方に向けて
首肩腰・寝姿勢のプロからアドバイスをさせていただきます。

腰に良いマットを探して困る

困ったわ・・腰に良いと言われる寝具を探していても

どのマットも腰に良いと書かれてるわ・・

 

腰痛で悩んでいる方がマットを選ぶ際に最も困りがちな事は、腰に良い寝具と言われるものが氾濫する中、「実際どの寝具が本当に腰に良いのか?」ということだと思います。

マットレスや敷布団を探しているときにはどの製品にも”腰に良い!”ということを書かれている事が多く、実際どの素材がどのように機能し、寝ている時に腰に効果があるのか?ということが解っていないまま、宣伝のイメージやブランドのイメージ、製品の見た目などで購入してしまうケースが多いようです。

腰の問題を持ってる人からすると、問題が解決されない寝具は失敗となります。

 

モノ自体の大きさも体よりも大きいもののため、通信販売、ネット通販などで、返品無料となっていても、返品時の梱包や発送が手間で面倒になり返品することを諦めてしまい、体の痛みを我慢しながら、何年も問題を抱えている方が相談いただくお声の中で非常に多くいらっしゃるようです。

ついつい安いものや、宣伝で知名度の高い人気商品、返品無料などのサービスにつられ、購入してしまうものの腰の悩みが解決せずそのまま諦めて腰痛のまま過ごしている方が多いのが現状お客様の相談から確認できている事実です。


寝具の失敗は身体に影響を及ぼし、それは人生にまで悪影響を与えています。

使って身体の痛い寝具の価値

身体の痛みを感じながら眠るということは大変辛いものです。

本来は身体を休め回復する時間ですから、この時間に苦痛を経験する環境で過ごすことは人生にとっても、体にとっても良い影響をもたらしません。
睡眠時間は人生の中でも限られており、その時間を有効に活用しない事は健康への負担に繋がり、その結果、日々の幸せや体の活力などの低下に関係してしまう恐れもあるほどです。

最近では家具同様、寝具も安いものが多く生産され、販売されています。
性能よりも価格重視で作られたものなども多く出回ってきたように思います。
使う事はできますが、寝具本来の目的である身体を休めるという目的は十分に果たせず、それに気づかないまま使っている人の健康状態はますます落ちていく一方です。
また、寝具の環境が問題であることに気づかず、なぜか気分が悪い、なぜか身体が痛い、などの問題を抱え、原因の解明ができず、薬に頼っていく人も多くなってきているように思います。

・身体を休めるという点において十分に機能しない寝具
・良い睡眠を取るという本来の目的から外れた寝具
と言うものも多く出てきています。

人生そのものを見つめ直すと、
幸せであることは生きていく中で必要とされる部分であり、
その中には健康な身体で生活をするということが基礎となっているように思います。
その基礎が毎日の睡眠や栄養などに直接的に関係するため、
睡眠の目的は健康的な眠りとも言えるのではないでしょうか。

身体が休まらないと言うことでは、そもそも本来の生きる目的から外れてしまっているのではないでしょうか。
新しくベッドやマットレスを買い換えたばかりの人でも体に合わず、痛くて眠れないようでは睡眠の道具とは言えません。

サイズの合わない靴を無理をして履いて、足が痛く、歩くことの妨げとなる場合、その靴は履かない方が良いでしょう。
寝具も自分の体に適したものを選ぶことが大切です。

寝具を選ぶ前に知っておきたいこと

様々なマットの会社、店舗などが、いろいろなマットを販売しています。


国内で流通するマットだけでも、ものすごくたくさん種類があるというのに、それらのものを比較検討しようとすると、実際どれがいいのかわからないという混乱があるのではないでしょうか。

価格帯の高いものがいいのかと思えば、ただただ、流通のコストがかかって値段が高いだけのものもあります。ブランドだから価格が高く、生産工程、素材の原料などは安いものもあります。知名度の高い商品などは、有名化粧品のように広告費が商品代金に入っているものが多く感じます。

本来であれば自分の身体がしっかり休まるということが目的であり自分の体の感覚で間違いないと思うものを選ぶのが理想的なことですが、腰の悩みを持つ方々や腰や体が痛い方は寝て試した場合でも十分に安心して体の力が抜けず、腰をかばいながら横になってしまう方もいるため、寝心地だけで選ぶことがより難しくなってしまいます。

実際どれを使用して良いのか分からないと言う人もいるでしょう


そこで、当店がお勧めしている購入方法として、製品の把握、構造の理解よりも、まずは人間の体や体圧分散と言うものの正しい理解をすることをお勧めしています。

どうやれば腰が楽になるのか
その理屈はなんなのか
自分の体の構造はどうなっているか
夜寝ているときにどのような姿勢が理想的なのか
どのような寝具が理想的であるのか
ということ等がわかってくれば、その機能を果たす寝具を探し選べば良いだけです。

寝ている時に自分の身体がどのようになっていればいいか解らないまま、ただクッション性の気に入ったマットなどを選ぶとなると、自分に合う寝具を十分に選べているかどうかの自信はあまりないでしょう。寝ているときの理想的な姿勢というものが理解できていなければ、身体が休まる理由や理屈もわからないまま眠ることになるでしょう。

実際に試す事理想的な睡眠の理解をしっかり身に付け最適なものを選べるようにしていきましょう。

腰を休ませる方法の前にまず体の構造を

早く腰が楽になりたい

寝ている時間に腰痛になる原因はシンプルです。


・平らで硬い寝具の上に身体を長時間横わらせているから。
(柔らかすぎる場合であっても沈み込んだ後は硬い状態である。姿勢が歪み余計辛い環境ではある)
・身体の腰の部分は体の部分でも特に急なカーブなる負担のかかる部分だから。

この2点が主な答えとなるでしょう。

ものすごく腰の休まらない寝具で寝た場合には寝始めた時から腰が痛くなるでしょう。

やや腰に負担のかかる敷き寝具の場合、寝始めた最中は気持ちよく休めますが、夜中や明け方に腰をかばいながら膝を曲げた姿勢等で寝ていたり、寝返りを夜中じゅう頻繁に行ってるかもしれません。

ほんの少し腰に負担のかかる敷き寝具の場合は、朝起きたときに若干腰が休まっていない感じがあるかもしれません。

このようにほんの少しでも腰の負担がかかる寝具であったとしても、腰の疲労と言うものは朝起きる時には感じてしまいます。
その原因は長い時間その場所で過ごしているからです。
また重度な腰痛の場合や日中腰を休ませることができない場合には、毎日毎日の睡眠時間に腰に対して負担をかけ続け、疲労蓄積させてしまい、慢性的な腰痛になってしまう恐れがあります。

理想的なのは横になった瞬間から腰をしっかりと休ませる環境

どのようなマットが良いかと言うと、腰が休まっているという感覚が寝た瞬間からわかるものが理想的です。

当たり前のことを言っているようですが、実はなかなかこれを感じれる敷き寝具は日本にありません。(理由は日本人の敷き寝具の文化と敷き寝具に関しての概念が硬い寝具を好むためです)

通常、
人間のお尻は腰よりも出っ張っており、
お尻が床面にしっかりと着いてしまうため、
腰がやや浮き、
十分に支えられることが難しい

敷き寝具がほとんど
です。


理想的なのは
・お尻が出ているぶんだけ、お尻の沈みこませる
・腰を支えながら横になれる

ということができる素材が理想的であり、そうなるとお尻を沈みこませるだけの柔らかさが必要となります。
硬いだけの敷き寝具では、自分の背骨がその寝具と平行になるように歪んでしまい猫背のような姿勢で背中を丸めながら寝ることになります。
(それらの寝具を使っている人の特徴では高い枕を好むようになり、いびきをかいてしまったりしてる人もいるでしょう。)

しかしながら柔らかすぎる寝具も僅かながらあります。ただただ、体重の重心の中心一点に集中して沈んでしまう事は人間の体が極端に言うと”くの字型”に沈み込んでしまうことになります。これはお尻や腰胴体を全て混同して沈みこませてしまっているので、腰には特によくありません。

理想的な環境の答えとは、
お尻を沈み込ませているのに腰を支えられると言う適切な沈み込み・支えができるという点が大切となります。

寝てる時は力を抜いてたいものです

体の表面である筋肉が強く圧迫されることで、人間の体は力が入ってしまいます。
寝ている場所が硬く、また柔らかくても底つき感のある場合などでは、自分の体重が部分的な筋肉を圧迫し、緊張した状態で横たわるようになります。
(そうなると呼吸も浅くなり睡眠の質自体が落ちてしまいます。疲労感を感じるかもしれません。)


のびのびとリラックスして休む事は、背中全面、腰付近をゆったりと休ませる秘訣なんですね。姿勢は崩れずにのびのびとリラックスでき同じ姿勢で長時間いても楽の環境をお勧めしています。

そんな素敵な環境があるんですね・・

寝返りの楽さ

理想的な環境での寝返りはどれほど楽か知っていますか?

日本では比較的固めの寝具が多いため、寝返りを頻繁に打つ傾向がありますが、良い環境であれば深くゆっくりと同じそのまま休むことができます。
かと言って、朝までその姿勢でいる必要があると言うことではありません。
好きな時に好きな楽な姿勢を作ることが大切です。
また寝返りをし始めてからゴソゴソと楽な姿勢を見つけると言うよりも、いつでも楽な姿勢がすぐに見つかると言う環境が最適な寝具環境です。楽な姿勢を探してる間は眠りが浅くなる月なので十分に休まらないことが多いかもしれません。また、寝返りをする場合の筋肉の力の入れ具合も確認しておきましょう。

良い環境では力を抜いてリラックスした状態で寝返りができます。また、体に合っていないマットなどでは、一旦体を起こしてどしんと寝返りをしてしまう人、よっこいしょと身体を一度少し起こし体勢を整える方もいるようです。

腰痛の人は特にこの点を見極めてみてください。

腰痛改善におすすめのマットレス素材とは

硬さは色々、体重に合わせて選びます。

ねむたやがお勧めしているマットレスの素材は、楽に休めるクッション性をもつ高品質な天然素材です。
特に日本の敷き寝具環境そのものが世界的なレベルでは非常に低いものである為、おすすめするマット1枚
で随分と眠りが変わると言う自信はあります。

(理由は日本人の敷き寝具の文化が畳に布団という文化から現在まで至っており、敷き寝具に関しての概念が硬い寝具を好み現在も流通しています。)

お薬やたくさん出重度の病気で身体感覚がわからない方等でなければ、休まる感覚なども感じられやすいと思いますのできっと喜んでくださるのではないでしょうか。
もちろん体調の悪い方や身体の痛い方にも利用していただけたら少しの助けにはなるのではないかと思っています。

寝姿勢診断・寝試し体験会をご利用ください

ねむたやではお一人お一人の姿勢に合わせて適切な睡眠環境で提案できる寝姿勢診断サービスを行っております。
お客様のお悩みや体系などから、身体の休まる寝具、優しく休まる眠り方のアイディアをしっかりとお届けし、毎日気持ちよく過ごしていただけるようにお一人お一人にアドバイスをさせていただいております。


【お一人お一人の身体に合ったアドバイス】
寝姿勢診断はこちらから

【首肩腰に優しい寝具・ベッドマットの体験】
寝試し体験会もご利用ください
 

またご遠方で、体験や相談ができない場合にはメールお電話でのご相談も受け付けており、写真や動画などから姿勢のアドバイス、お勧めの寝具等の案内もしております。
もちろんお電話やメールでのご注文もできますのでご安心ください。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ


 

腰痛、腰の悩みへのダイレクトな改善法

驚きをあなたへ・・

腰の問題の解決方法としてねむたやがお勧めしている強力なの改善方法を知ってみませんか?

対象者:睡眠時の腰痛・腰のお悩みの方

ねむたやでは腰に対しての満足度の高い非常に評価の高い寝具があります。
毎日が眠っている時間を有効に活用するためにも大変オススメのアイテムですので、ぜひ一度体感してみてくださいね。ご遠方の方もメールやお電話にてお問い合わせください。

ご来店時にもご紹介しております。