ログイン
HOME  » 見分ける必要のある睡眠の情報

見分ける必要のある睡眠の情報

ねむたやのホームページにようこそ
あなたは
番目の訪問者です!
​(令和元年8月22日以降

このページでは現在の睡眠環境において、難しく混乱させられる情報が多いネット時代の中、シンプルに一人一人が気持ちよく休めるような情報をまとめている。本来、眠りとは人だけでなく動物でさえ行っているものだ。複雑化された細かな情報を頼りにし、睡眠中までも神経質に適用するよりも、安心して過ごせる環境を整え楽に休まる感覚を得ると言う事は非常に効果的であることが、今までの眠りの問題を抱えていた方々とのかかわり合いでの経験からわかっている。眠りに関する意識は本人の意識で随分と変わってくる。簡単にまとめていくのでぜひ見ておいてほしい。

一般的な人々が眠りの詳しい情報が必要なのかどうか

眠りの勉強しているとレム睡眠、ノンレム睡眠と言う言葉が出てくるが、はっきり言うと寝ている側が考える必要のない内容だ。このような専門的な知識を持っていたところで快適に眠れるかどうかとは関係がなく余計睡眠の時間を複雑化し混乱する原因にもなる。

レム睡眠とノンレム睡眠とは、深い眠りや浅い眠りと言うことだが、睡眠中にその状態が交互に行なっていると言われているが、寝ている最中にその事を考えたり心配したり利用しようと企む必要はないのではないだろうか。

これを一般的な人が当てはめて深い眠りと浅い眠りのタイミングを見極めながら睡眠を行おうとしたり、睡眠のアプリなどの機能で目を覚ますタイミングを計測することで起きようとしている方もいるが、実際眠っている時間には様々な行動を起こせないわけなのであまり価値のない情報になってしまうかもしれない。寝てる時間余計考え事をしてしまったり、睡眠本来の目的である休ませることを優先しない習慣になる恐れがある。

そういった面においては、眠りと言うもの価値をただの時間だけで割り振っていたり自分の眠りの悩みを解明しようと複雑化しているだけのように思える。

眠りということがどのような目的で人々が行っていてどのような価値があるかと言うのを簡単にまとめると非常にシンプルな答えが見つかる。
眠りを時間の無駄と考えず、無駄に利用せず適切な睡眠を行うことが重要なポイントだろう。

眠りの目的は体をしっかりと休ませること

また怪我や病気等の回復をしている時間と言われている。

そうなると、眠りと言うものは休まらなければあまり価値のないものになってしまうし、休むと言う事以外の目的で睡眠を行なっている場合には、必要があまりないと感じてしまうのではないだろうか。睡眠中に考え事をしていると十分に体を休める環境整っていない可能性が高い。睡眠の時間は本当に休まる楽な場所で集中して休まなければその時間有効に使えないのでは無いだろうか・・

睡眠において不要なデータも氾濫している

睡眠の研究結果様々なデータを見ていると、集めたデータの寝具環境と言うものがどのぐらいのレベルのものなのか国内での一般的な基準の寝具とは何なのかと言う点が不透明であるのにも関わらず、それらのデータから出た理想的な寝返りの回数であったり理想的な睡眠の時間年齢別の眠りの情報などを数値だけ公に発表してしまっているように感じる。そして問題なのがその情報を誤って活用したり、神経質に情報に意識を向けて眠ろうとする人がいる事だ。環境だけでなく一人ひとりの顔や体の形は全く別々だと言うこともある。また日本人と言うデータではなく北海道に住んでる人と沖縄に住んでる人でさえ眠りの感覚は違ってくるはずだ。

その人の体質、体系、寝ている寝具の環境、お部屋の温度や地域の気候、様々な面がバラバラであるわけだからデータ出して取るのはなかなか難しいことだ。実際にすぐ活用できるデータというのがあまりないのではないだろうか。情報を得る場合は参考にする程度にしてほしい。

眠りは神経質にならない時間

仕事や学校、家庭などでは、しっかり頭を使い考えることがあるだろう。
ただ、寝ている時間はその考えると言う事よりも、脳を休ませている時間と言われている通りしっかりと休ませることが最優先される

睡眠中、集中して体を休ませることができていない場合、原因を探してしまったり他の考え事をしてしまったり日中の悩みを休む時間にまで持ち込んでしまう恐れがある。
環境が整っていない可能性が十分にある為、体を休めることに集中できる適切な睡眠環境を整える必要がある。

本人が1番よくわかっている

気持ちよく眠れているか眠れていないかはその本人がいちばんよくわかっている。

寝ているときに疲れが残っていたり体が痛かったりする場合、寝具のの環境を疑わないといけない。ご家族様の中で眠れていないような人がいたとしても、その本人が気持ちよく眠れていると言えばほんとに気持ちよく眠れているので、(もっと良い環境というのが実際にあるかもしれないが)その人はそれで満足してる。


ただし、寝ているときに苦痛だったり、寝ている時に休めていない感覚があったり、起きた時から体が痛かったり、首や腰肩が凝っていたり、日中にまで疲れを持ち込んでいるようであれば、眠りというものが十分に機能していない可能性がある特に体を休ませる時間であるはずが体を疲れさせてしまっていたり体を痛めつけてしまっている可能性のある人も非常に多い。

筋肉が少なかったり体のカーブの多い人女性の方も非常に多いがなかなか眠れないと自覚している人も多いはずだ。そういう人は眠りをしっかりと見つめなおし、良い環境整えてストレスなく安心して眠っていただきたい。

良い寝具って贅沢品?

 

良い寝具で寝ている環境は贅沢ではない。と捉えてほしい。
体が休めず、楽な環境で寝たいと言うことが、眠りの悩みを持つ人たちの願いにもなるだろう。
ただ本格的な寝具を見ると価格も高く、ほんとに買っていいものかどうか迷う人も少なくは無いはずだ。
ここで第一に考えていただきたいのは、人生の中での出費の事ではなく、人生の中での眠っている時間の目的だ。

またその眠っている時間がどのように日中に影響していたり、眠ってる時間自体をどんな気分で過ごしているか、と言う方が大事である事に気づいてほしい。
人生の3
分の1と言われる非常に長い時間だ。
無駄にはできず有効活用しておくことが残りの人生の助けにもなるだろう。

日本は睡眠の意識が低い国?

寝具先進国のヨーロッパを見習おう

先ほど寝具は高いものだと言う話をした。
この理解と言うものが日本で住んでいると、昔ながらの敷き布団一枚
で寝る文化が残っていたり、ベッドでゆったりと寝る人もいるため価格帯の幅が非常に広くなるそうなるとベッドの価格を見て寝具と言うものの値段の高さを受け入れることができなかったりする人もいるだろう。

ヨーロッパではもともと眠りと言うものを大切にされてきた文化がある。日本に輸入されている良い寝具もヨーロッパ製品のものが多い。ヨーロッパの考えでは生活用品の中で高級品となるものが自動車の次に寝具である。日本では自動車の次に寝具と言う考えがあまりないのではないだろうか?
家具屋さんの一部として布団やベッドがあったりする位の優先順位になってるかもしれない。
身体を休めると言う感覚や、自分の体や家族の体を大切にすると言う感覚こそが、非常に見直されても良い事なのではないかと店主は思っている。

近くの寝具店を覗いてみよう

お店に入ったからといって買い物をしなければいけないお店というものはあまりないはずだ。
もちろん入った本人が少し出づらいと言う気持ちはあるかもしれないが、その場合最初から見せていただきたいと言うだけの人を伝えておけばお店側もそんなに嫌な顔しないだろう。

専門店には様々な寝具があり、価格帯も様々だ。いろんな素材でいろんなアイディアで作られた様々な商品が見つかるだろう。
実際に試せるようなお店もあったり、細かなサービスを無料でしてくれるお店もあるはずだ。
まず眠りに興味を持ち、次に寝具を触ってみたり体感してみたりすると、自分のふだんの眠りとの違いが見えてくるかもしれない。

ねむたやは頑固のラーメン屋のようなもの

うちの店は通常一般的な寝具店と比べこだわりを持った数限られた寝具しか取り扱いしていない。
またアイテムを取り扱う目的も、まるでその人に似合う髪型しか勧めない美容師さんのような感じで、一人ひとりに適したもの効果的なものだけを提案している。
また普段の睡眠で問題を起こしている睡眠の問題の原因となるものを、話を聞いて的確に見つけ、それを改善するアドバイスなどを行い、その人の眠りの質がとにかく上がることだけを目的としてサービスや商品の販売眠りの提案を行っている。

体を休ませる眠り以外の事は当店は関心を持たない。なので儲かる布団のようなものは取り扱わないしテレビではネットで聞き飽きるほど宣伝されているのような流行物の睡眠の知識のない一般客が欲しがるようなアイテムは取り扱いしない頑固な職人気質の眠りのプロがこだわりを持って一人ひとりの睡眠の環境を見直し提案するお店だ。

眠りに困っている人は人生の何かに問題がある

たくさんのお客様を接客してきて、眠りの問題を抱えている人を多く見てきた側からの意見では、眠りに困っている人には、首肩腰の悩みから始まり、心身ともに疲労していたり等、人生の中で問題を感じていると言うことがある。

わかりやすい点で言うと寝具の環境と言うものが、非常に大きな問題となっており、十分にリラックスできない人と言うものがたくさんいるのは簡単な例だ。

特に体型、体重で楽に休めない人が悩みを抱えているケースは非常に多く、ただ横になって休みたいだけなのに、それができないと言う辛い生活を送っている人も多く相談を受けてきた。


この段階で寝具見直しをできればその人の人生は随分と改善される。しかしここから誤った判断をすることでより人生に問題を抱える方が増えてくる

薬の問題

眠りの悩みを聞いているうちに薬で悪影響もたらされている方が非常に多くいうことがわかっている。
体の痛みを麻痺させるために薬を使うのだが、実際楽な姿勢と言う感覚もわからないかったり、自分が固い布団の上で寝ているのか、適切な環境の整ったベッドの上で寝ているのか、また硬い床で寝ているのか、その3つの違いも体では感覚でわからない人がいる位だ。


そして腰痛の薬を出されているケースであっても、精神的に問題がないにもかかわらず精神薬のようなものを出されていると言う話も聞いている。また当店で年齢が若くてもリウマチで悩まれているお客様の中では過去に精神薬をとられている方が多いと言うのも不思議な話である。とても不安だ。

参考リンク:首、肩、腰に薬・・?ちょっとまって!

家庭や職場での人間関係

多量の薬をとられている状態で、毎日寝られない生活をしていると様々な面からストレスがかかる。
普段の会話も痛みを我慢しているような感じか、怒りっぽかったり、日中の通常の会話でさえ怒りのような状態を保ちながら話を進めている人がいる。また夜中もストレスで目が覚めたり、もちろん夜中眠れなかったり、一日中疲れている状態の人もいる。

寝具の環境を整える事は非常に重要で有効な手段となるが、この時点で薬の量が非常に多い場合、当店では”気持ちよく眠れます”と言って寝具を渡すことができない。
様々な生活習慣の改善から眠りも含め一歩一歩良い状態で整えていけるように努力していただくしかないと思っている。優しい寝具を提供してはいるが、当店が助けることができるとは言い切れないのが現状だ。

回復する眠りと気絶した眠り

眠れないからと言う理由で睡眠薬を取ってる人がいる。
実際に体の問題で苦しい時間を過ごすようであれば取ると言う手段も必要なのかもしれない。
ただ眠りを提案しているプロから見るとその時間体を休めている眠りではなく、呼吸の浅いただ気絶した状態に近い無意識状態でその時間を過ごしているだけのように見えている。


薬を取り続けている場合には、本当に休まる眠りと言うものが環境を整えただけでそれがすぐに得られるとは限らない。
しかし希望を捨てずに少しでも良い環境整え、毎日の生活を健康に向かせらるよう目的定め努力していただきたい。

寝ている時間本当はとても幸せな時間である


日中の労働の後、体の休める眠りを得る時間は現代の人々にとって十分に与えられているはずだ。

また、その環境も規制や制限をされておらず、自分が休まりたい場所で眠ることができる。

本格的な体を休める道具である良いベッドであっても、一定期間真剣に働けば買えない金額ではない。
人生の目標として購入することをでも手に入れることができるだろうし、老後の不安のために貯めておいた貯金をそのために使う方が将来の希望は明るく輝くはずだ。

1日の3分の1の時間が回復し自分のために役立ち助けになるものなのだからそこに投資する価値はあるだろう。自分が大切のであれば・・

疲れた体を横たえる場所と言うものが準備されていると言う事は幸せだ。
より日中頑張ることもできるし、家族や仲間を助けることにも専念できるだろう。

社会のためにもしっかりと活動できるようにより、自分が健康で元気であれば様々な問題を解決する能力も得られるはずだ。頑張った分だけ贅沢な眠りが待っているだろう。

眠りの面はねむたやに任せませんか

皆様の人生の中で最も眠りが大切なのであれば、私は特に何もせずに求められた寝具販売するだけでいいと思っています。

私が応援したい人は、より健康になりたい人、がんばっている人、問題を抱えている人や助かりたいと思ってる人、困っている人やどうにか今の現状を抜け出したいと思っている人です。

眠りと言うものがどの程度、人に役立つかと言うと、お一人お一人の生活のスタイルや労働量、現在の寝具の環境によって全く違ってきます。

私が皆様を眠りの面から応援することで、皆様は日中より良い仕事や勉強での成果を上げることができ、より社会にとって良い影響もたらすはずでしょう。

一人一人が皆を助けながら社会を支えていかなければ国だけでなく家族であっても一人一人がバラバラになってしまいます。
私は眠りの面から皆さんを助けようと思っています。一人ひとりの人生の問題を全て解決できると思ってませんが、眠りの力を眠りの可能性をよく知っていると思っています。

睡眠、眠り、疲れ、回復、痛みを無くしたい、治療、治りたい、休みたい、元気になりたい、うまくやりたい、健康になりたい、きれいになりたい、素晴らしくなりたい、良い影響周りに与えたい、と言う方がたを応援したい。そう思ってます。

眠りの面はしっかりサポートさせて頂きます。


 

たくさん読んでくれて本当にありがとう。


質問はお問い合わせ 最速電話で相談 Q&Aのページ