ログイン
HOME  » 脳外科に通っている患者さん、脳外科の先生方へ

脳外科に通っている患者さん、脳外科の先生方へ

【脳外科に通っている患者さん、脳外科の先生方へ】


当店は実際に脳外科の先生からのご紹介で患者さんがご来店され、

ベッドをお試しいただき、快適な睡眠環境をご提案させて頂くケースもございます。

ご相談いただく中で、多くいただくご相談が

・寝ている最中も身体(または首、肩、背中、頭などの特定された身体の部位)が痛い

・起きた時から身体の痛みを感じる

・なかなか眠れない

・寝ている時も辛い

というご相談です。

 

当店にご相談いただいた方には

・現在の睡眠環境の確認

・眠り方、寝姿勢の確認

をさせて頂いております。

中でも問題となり得ることの多いポイントが

 

自分の体に適さない敷き寝具環境で過ごしている という点です。
 

睡眠は通常、リラックスした状態で長時間過ごす場所ですから、固いマットの上であったり、姿勢が崩れた状態で朝を迎えるまで過ごす事は身体に負担をかけ続けている可能性があります。

 

ご相談いただいたお客様の例

例:使用されていたマット・とっても整体用の固いマット(四国中央市 G様)

10年ほど使ったが身体が痛く当店へ相談

ウッドスプリングで姿勢を整え快適な姿勢を体感して頂く・・使用後快適に眠れている

 

例:使用されていたマット・とっても整体用の固いマット(四国中央市 K様)

身体が痛く脳外科の先生からの紹介で当店へ相談

ウッドスプリングで姿勢を整え快適な姿勢を体感して頂く・・寝心地を気に入ってくださり購入を検討中

 

例:使用されていたマット・通販で購入した比較的知名度の高い低反発マット

低反発独特の姿勢が歪み、猫背を指摘・・ウッドスプリングで整えられた姿勢を体感して頂く・・楽な姿勢がわかりベッドを購入

 

例:使用されていたマット・通販で購入した比較的知名度の高い低反発マット

低反発独特の姿勢が歪み、姿勢・・現在使用しているマットと同じ厚さの天然ゴムマットに買い替え・・随分と楽になったとの感想。ウッドスプリングに興味。

 

固いマット柔らかいマット、二つのバランスと矛盾点

・実際カイロプラティック、整体の先生に勧められ購入した固めのマット

・柔らかい布団が腰に悪いとのことで選んだ固めのマットや敷き布団

・ベッドに付属していた固めのスプリングマット

・畳や床に敷き布団一枚

等で眠られている方

 

敷き寝具にはお一人お一人に適切な”固さ”があります。

 

適切な固さは”姿勢が崩れない安定した状態で眠れる固さ”なはずですが、長時間寝るには固く、筋肉の少ない女性やお子様には多く負担がかかっています。また筋肉の多い方にも腰の負担はかかり腰を休ませようとすると姿勢が歪みます。

 

 

またそれらの問題を改善しようと、

・柔らかい低反発素材のマット

・ふわふわのスプリングマット

・中央付近に沈み込むようにへたった長年使ったスプリングマット

・キャンプ用のエアーベッド

で眠られている方もいらっしゃいます。

 

適切な柔らかさは”リラックスでき気持ちよく過ごせる柔らかさ”なはずですが、姿勢が崩れ、沈んで欲しくない身体の部分まで沈んでしまうため、窮屈になり呼吸がしづらく辛い体勢で過ごすことになります。


 

これらのことから適切な固さと適切な柔らかさという2点が必要となりますが、

これらは矛盾しているともいえるでしょう。どちらかのバランスに偏り身体の痛みや姿勢の崩れの問題を抱える方は多くいらっしゃるのが現状です。

 

この問題を解決するためにおすすめしていますが、当店のおすすめするベッド(リンク)です。

比較的柔らかく感じるお一人お一人の筋肉の固さに適した固さの弾力ある天然ゴムを使用したラテックスマットと、背骨のカーブ、体型に合わせてクッション性の強度を調整する木の板が並んだウッドスプリングベッドです。

良い姿勢を整えリラックスして休めるというバランスの良い寝心地を作ることができる理想的な敷き寝具です。
仰向け寝はもちろん、横向きでも肩腰に負担をかけない設計となっています。

当店の寝具をご利用いただいているお客様の感想です。

ベッド
四国中央市女性 「主人に調整してもらい気持ちよく寝ています。」
都内  試しに寝てから、ずーーーっと、ずーーーーーーっと欲しかった 首肩腰の悩みに快眠に!ねむたやさんのベット。 我が家に来てから、私の睡眠環境はかなり変わりました。
1.寝つきが良くなった。 前から寝るギリギリまであれこれしてるので、寝るのには苦労しませんでしたが… 7時間睡眠を取ろうと思うと、早めにベットに入るわけで。 そんな時はなかなか寝付けない時もありました。 今は、ベットに横になるとカラダの力が抜けるので、あっという間!!!
2.カラダがラク! 以前はホテルなどで柔らかいベットに寝たら、一発で腰痛が。 なので、家では薄いお布団で寝ていました。 今では腰痛とは無縁に。 首肩はもう一息なので、ここはもう少し工夫の余地がありそうです。
3.疲労の回復度が良い。 朝起きた時のカラダの軽さがあるなぁと。 短くしかねれなかった時でも、カラダの重い感じがないのが良いです。
 
「快適に眠れています。腰の痛みが改善されました。僕は三交代勤務で寝る時間が不定期で朝や昼寝ていると眠りが浅くすぐ起きてしまうことが多くあったのですが、腰を庇って変な体勢で寝る事が無くなったのでどの時間でも深い眠りができて朝起きてもしんどいという事が無くなったように思います。 このベッドにして良かったです 大事に使っていこうと思います 」
 
​ベッド 「出張から帰って来たら(寝心地の違いが)わかる。」
 
ベッド 「とってもいいですよ!疲れた体を本当に優しく包んでくれ、翌朝スッと起きることが出来、また一日の始まりです。」
 
ベッド奥様 「首痛い言わなくなった」
 
ベッド
   30代男性
「ベッドの上にいるのが楽すぎて、一日中ベッドの上にいてしまう。」
 
 新居浜ベッド:ご主人 「快適すぎて、朝起きて腰の痛みがなくなった」
 
お子様 「ベットに入ると3秒で寝てしまいます。笑えるくらいストンと寝るので感動してます。」
 
男性ベッド 「あれから腰全然痛くなくなった」
ベッド女性 「めっちゃ楽で一瞬で朝になってる寝坊しなくなった」
 
ベッド30代男性  「前は寝相が悪いと腰痛の予感があったけど、今はその不安がない。クッションの弾力が気持ちええきん熟睡できる。 起きたときの疲労感がなくなった。そんな感じ。調子ええよ〜」   「ベッドかえてから腰痛になってないよ。」
市内ベッド 「ベッドとマットレスを変えてみてから、睡眠の質が良くなった感じがします。 朝起きてすぐに感じる肩こり等の不調に本当に悩んでいたので、とても助かりました。 アフターフォローもマメにしてくださるので、またお世話になりたいと思えるお店です。」
都内 「雲の上で寝ているかのような心地良さで、日々の疲れを翌日まで持ち越さずに済みそうです」
 
女性エックスポイント 「快適な睡眠ができてます!」
エックスポイント 「爆睡!!フカフカ!!足上げると、また最高!!」「ひとりずつでよかった!となりが、気にならずに爆睡!!」「ベットルームが癒しの空間になった。自分の世界で寝てる。雲のうえで寝ているみたい」
ベッド男性 「最高に気持ち良いですね」「布団に入っても寝付けんかったのに、あれやったら1分ももたん」 
「主人は、寝すぎても身体が痛くならないといつもよく寝てます(笑)家族でより良い睡眠を頂きいつもありがとうございます<(_ _)>」

脳外科(脳神経外科)に通っている患者さんへ

眠りの”環境”に関しては、かかりつけの先生にも相談してみてください。

横になって痛い場所でなく、少しでも楽に休める環境が理想であるのは確かだと思います。

 

ご相談はメールやお電話でも受け付けております。
眠りや寝具の環境に関して責任を持って丁寧にご案内させて頂きます。

 

当店は健康に関して、生活面全体からの向上がとても大切だと思っています。

眠りの面ではしっかりとサポートさせて頂きますので、どのようなお悩みでもお気軽にご相談ください。

脳外科(脳神経外科)の先生方へ

当店はお一人一人の身体に負担をかけない”身体の休まる眠り”を提供するお店です。
ご存知の通り睡眠の質が様々な面で重要視されています。
環境によっては体に負担をかけていたり問題の原因となってしまっている可能性も多くあります。
患者さんに適した寝具選びや体型、体質にあった眠り方、寝ている時の理想的な姿勢等どのようなことでもご相談ください。

ねむたやの考え

固い、柔らかい、という従来の敷き寝具の概念でなく、一人一人の体型や体重、体質に合わせた良い姿勢を整え、リラックスしながら深い呼吸で”楽に休める”睡眠環境を提案しています。

 

寝ている時の痛みは我慢しないでください

寝ている場所が快適かどうか、同じ布団で寝ていたとしても一人一人体型や筋肉が違う為、個人差が激しくあります。

寝ている時から痛みを感じたりうまく休めない感覚があれば睡眠の環境が適していないことに違いありません。

人生の中で頑張ったり耐えなければいけない場面はありますが、睡眠の時間はそうではありません。
日中より活動し、仕事や家庭で周りの人を助け、元気で過ごせるためにも個人の健康は重要となります。

毎日の体調管理の責任は個人個人にあります。眠りの面では責任をもってサポートいたしますのでお気軽にご相談下さい。

【「ねむたや店主の快眠日記No .2188」より抜粋】

【実際に脳外科の先生よりご紹介いただきましたお客様】

・1回目のご来店

 

「◯◯病院の◯◯先生からご紹介をいただいたのだけども

一度寝具の環境を見直したほうがいいと思って・・」とご家族様とご一緒にご来店いただきました。

お客様のヒアリングを行い、現在使っている寝具、現在の体の悩みや期間、

現在の状態や睡眠時の状態などの様子を伺い現状を把握させていただきました。

 

当店の考え方、身体を休める環境を作ることを目的であることをお伝えし、

当店の寝具の素材や役割を一通り簡単に案内し、お客様の立っている姿勢、寝ている姿勢を確認させていただきました。

 

実際寝ている時に休まりづらい身体の部分、実際休まってない箇所、

痛い部分の確認や筋肉の緩まっていない場所の確認をさせていただき現在使っている敷き寝具と当店のマットの寝心地の違いを体感していただきました。

 

今回のお客様は首肩周りの緊張を緩めるために、全体の姿勢のバランスを整えるためにお客様の身体に調整されたウッドスプリングベッドも体感していただきました。首肩周りの力も抜きやすくなり長く横になってお休みいただきました。

 

・2回目のご来店

約1週間後、通院帰りに再度当店にご来店頂きました。

マットだけでも楽になるかとのご相談を頂きましたので、マットとウッドスプリングベッドのそれぞれの目的、仕組みや働き方をご説明させて頂き、マット単体の寝心地、調整されたウッドスプリングベッドを使った状態での寝心地を確認して頂きました。

実際長めに横になって頂き、さまざまな寝姿勢、枕の使い方、理想的な寝返りなどについてのご案内もさせて頂きました。

実際自宅で寝ていた環境と比べてとても楽だったということでお見積もりを頂き前向きにご検討いただく事になりました。

・3回目(製作中)
・4回目(製作中)
 

当店がおすすめしている睡眠の環境は身体の休まることを目的としています。

眠りというものは本来身体を回復させる魔法のような働きがあります。

その時間、身体が痛く休まらない環境よりも、深い呼吸で休め、気持ちよく過ごせる場所であることの方が、本来の回復する眠りを行えるのではないでしょうか。

しっかりと休まる環境で元気な毎日をお過ごし頂きたいと思います。

首肩の悩み、寝具の悩み、その他身体の悩みでもどのようなことでもお気軽にご相談ください。

眠りの面からしっかりサポートさせて頂きます。

合わない寝具の危険性

眠れない人や、身体が痛い人がまず困って相談に行くところはどこでしょうか。
それは寝具の環境でなく自分の身体がおかしいと考える場合は病院や整骨院に相談します。

眠れないなどの悩みや痛みなどの問題を薬や筋肉をつけるなどの努力で対策をうつ方法があります。
対処としては適切かもしれませんが、根本的な問題の発見や解決にならない可能性があります。

例えば、凸凹した固い石のような床で寝ている人がいるとしましょう。
その人はそれが習慣で通常の睡眠です。
その人は朝起きた時からなぜか痛く、病院に相談し薬をもらいます。
固い石が固く、身体が痛くて休めていないことに気づかずです。
薬を飲むと痛みは無くなりますが、薬が切れると身体中が痛いので薬の量が増えていき、しまいには身体のさまざまな器官の問題が起こります。

このような劣悪な、又身体に合っていない寝具を使うことによる睡眠での悪循環は至る所で見られます。

特に日本は、寝具先進国のヨーロッパに比べ睡眠の歴史は浅く、現在でもベッドを使わず畳に布団で眠られている方がいます。
リラックスよりも狭い部屋をうまく機能的に使えるような、薄くてたたみやすい物が寝具であるため、
実際十分にやすむ環境も、そしてのびのびと寝具の上でくつろいだり、クッションや枕をたくさん使って休むような習慣もありませんでした。
これらのことが腰痛肩こりの多い国と言われる日本の裏に潜んでいます。

身体の休まらない睡眠が1度や2度ならともかく、毎日長時間、そして何年も続くことで身体に影響を与えてしまう恐れがあると考えています。
寝ている最中や起きた瞬間から身体が痛いのに、睡眠時の環境が原因であることに気づかない人も多い。
最も危険なのはその環境に直面せず、過度な薬で対処し感覚を鈍らせていくことです。

起きた時の頭痛、首こり、肩こり

まずは寝ている時にきちんと楽な姿勢で休めているかを確認しましょう

  1. 頭痛の前に首肩こりはありませんでしたか?
  2. 寝ている時に背中が痛かったり膝を曲げて寝るなど長時間姿勢を崩していませんでしたか?
  3. 無理な姿勢で寝ていませんか?寝返りで目を覚ましたりせず、楽な姿勢で朝まで過ごせてますか?

実際に身体を休め、眠れる環境というものはどういったものでしょうか。
お店では実際に自分に調整された寝心地のベッドを体感する事ができます。
体験、相談は無料ですのでお気軽にご連絡、ご来店ください。

 

身体に関しては身体のプロ 先生のホームページも参考にしてください。

(頭痛の減らし方:稲村孝紀先生)文化庁第一公表日登録:20171020日(第37992号の1) http://www.inamura-clinic.com

http://www.inamura-clinic.com/headache_menu.html#citation

 

「店主のコメント:大変素晴らしい内容です。ここでも睡眠に関してのお話が出ていますが、当店は眠りの面でしっかりと役割を果たし世の中の問題を解決していく必要があると改めて感じました。」

こちらの病院・先生と当店は関係はありません

 

睡眠薬での眠りは、本来の睡眠の目的を果たしているのか

過度に睡眠薬を取られている方に関して当店は寝具の提供がすぐにできない場合があります。
肉体的に休めるはずである環境を提供する事はできますが、感覚や気分、精神的に休めているという状態にできる保証はありません。

今までご来店いただいたお客様の中でも、感覚が麻痺している事が原因か、畳だけで横になっている寝心地とマットの上で眠られている寝心地の違いがわからず、同じ寝心地に感じるとおっしゃられるケースもありました。
この場合、当店の寝具にご満足いただけない可能性も十分にあり得ます。
こちらは商品代としてお金をいただくわけですから、ただの出費となるだけだったと思われる事のないよう、
十分な説明、同意を得てからの販売となります。

眠りの本来の目的 ”体を回復させる眠り”が 薬でできるのでしょうか?

深い呼吸、リラックス感、回復感が得られていますか?

身体に関しては身体のプロ 先生のホームページも参考にしてください。

(川本眼科だより 227 睡眠薬に手を出すな:川本 英三 先生)

https://www.kawamotoganka.com/tayori/3218/

 

「店主のコメント:大変素晴らしい記事だと思います。眠れない理由の一つに、寝具の上でリラックスできないという点があります。国内で良いと言われる固い敷き寝具が眠れないほど固いものだったというケースが実際に多くあります。」

こちらの病院・先生と当店は関係はありません

 

【枕が合わない・背中が痛い理由】店主日記より

市内にお住まいのご夫婦様、奥様の枕が合わないと言うご相談をいただいており寝姿勢を確認させて頂きました。

普段から寝ている時は背中も痛いそうで、ウッドスプリングで寝ていただいた所とても楽だと言うご感想いただきました。

寝るための姿勢の中で”仰向け”、”横向き”、”うつぶせ”などがあります。

うつぶせは呼吸がしづらく敷き寝具環境が合わない場合のみ勧めしていますが、仰向け寝ができない場合には睡眠本来の眠りである”回復するための眠り”を行う環境が整っていない可能性が十分に考えられます。通常横向きよりも面積が広い背中であるにもかかわらず休めない理由として、「体の筋肉の硬さと敷き寝具の硬さがマッチしていない」、「十分に背中がリラックスして横たわることができないようなもので横になっている」ということが考えられます。

また一人ひとりの背中の形は違うため、背骨のS字曲線と言われる背中のカーブが急な場合には腰や背中に集中した負担がかかり、姿勢を歪めてしまう可能性も十分にあります。また女性ですと胸の重量等は背中を押さえつける原因の1つにもなるでしょう。

当店がお勧めしているのは一人ひとりの体をバランスよく支えリラックスして休める優しい睡眠環境です。横たわって安心してリラックスできる気持ちの良い環境をぜひいちどお店で試してみませんか?どのようなことでもお気軽に相談くださいね。

「ねむたや店主の快眠日記No .2189

【寝姿勢診断をおすすめしています】

寝ている姿勢を確認しよう!こちらがおすすめ!
睡眠中の悩み、寝ている時や起きた時の痛みの問題、疲労などの日中の悩みの原因が睡眠中にあるかもしれません。

毎日眠っている時間を少しでも有効に活用いただけるようお一人お一人に丁寧なご案内ができるよう取り組んでおります。

どのようなことでも構いませんので、気になることやご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。

ぜひ一度当店がおすすめする
寝姿勢診断をご利用くださいね。