ログイン
HOME  » 眠りが大きく変わる改善ポイント

眠りが大きく変わる改善ポイント


ねむたやのホームページへようこそ♪

あなたは番目のお客様です

ここでは毎日の眠りを大きく変える寝具の改善ポイントの説明をさせていただきたいと思います。

眠りを良くしたいということで寝具に興味を持たれる方も多くいらっしゃるかと思います。

まず何から試したらいいかというご質問の中でお答えしているアドバイスを並べてみました。
 

眠りの環境はどこから整えるか


気持ちよく眠りたい
眠りの問題を解決したい
首肩腰の悩みがある
体が痛いのをなんとかしたい

など寝具を検討している方には様々な悩みや理想があります。


寝具に興味が湧くということは、眠りというものに関係している問題や理想像など何かがあるのではないでしょうか?最近はテレビでもネットでも敷布団やマット枕などの宣伝・広告をよく目にします。とっても良さそうに見えますし、実際使って見てどのぐらいいいのかも想像がつきません 。

ねむたやではおひとりおひとりのお客様がしっかり休める良い眠りを行えるための道具を販売しております。目的はシンプルに皆様の眠りの向上・改善です

リンク:ねむたやのお店と寝具の特徴は?

大きく眠りを改善する寝具

大きく眠りを改善する寝具それは敷き寝具です。

「枕じゃないの?」
と思った方もいるのではないでしょうか。ご安心ください。
それらの寝具は枕も含めた敷き寝具全てです。要するに寝ている下側の環境なんですね。

そうだったんだー

眠りを改善する方法は、枕だけが重要なのでは無かったんです。
枕は非常に多く宣伝されており流行しています。
高さを変えるサービスやいろいろな素材を詰め込めるような楽しいアイテムにはなってますが、眠りや寝姿勢、寝具のプロから見ると
消費者の目線に合わせ買いやすい価格帯を狙って販売の促進のために枕を販売することが多くあるように思います。

当店は”姿勢”
”眠っている時の体の状態”
”体の休まる力の抜け具合”などを考慮し、
まくらよりも先にマット優先しておすすめしています。
首より全身を優先だゾ

寝ていて最も体重のかかる部分はどこだと思いますか?背中やお尻です。

実際に枕だけを変えたところで「十分に休まらなかった」という経験がある方も多いのではないでしょうか。

そしてマットを買いなおすと、背中の沈み込みが変わるため、また枕の高さや素材を変える必要がでてくることも多くあります。

もちろん枕も重要ですが、当店が眠りの面でお勧めしているものは、姿勢を整えるために重要となる下側、敷き寝具全般になります。

リンク:寝具には安いものも高いものもあるけど なんで?

どんな敷き寝具と良い眠りが行えるか

固い布団が好きなんじゃがのう・・

敷布団やマットに関して昔から言われていることがあります。
それは「硬いものが良い」というお話です。

実際このような情報から、現在では国内のマットや布団などは比較的硬く作られている傾向があります。ニトリの社長さんも2018年頃のテレビ番組で言っていましたが、柔らかいと売れないそうです。固い敷き寝具が一般的になった今、柔らかい寝具がほとんどない市場で柔らかいものは腰に悪いと言われています。

当店がオススメしている敷き寝具の選び方

それは、力がきちんと抜け、姿勢が崩れずに休めるものというものを選んでいただいております。正直なところ今たくさん流通している固めの布団は痛くて休めません。特に女性の方や体の細い方は辛いはずです。また運動をやめたり、年をとるにつれ筋肉が減ってきた方は負担が非常にかかっているのではないでしょうか。
首こり肩こり腰痛などのお悩み。背中の痛みや腕のしびれ。夜中目が覚めてしまったりする場合も十分にリラックスできず負担をかけながら寝ている可能性が十分にあります。
硬い敷布団がいいという話をよく聞くと思いますが、硬い敷き布団がよく眠れるというお話は聞いたことがないのではないでしょうか?
固い布団がしっかりとリラックスできるという話も聞いたことがないでしょう。
目的というものが、ただの腰痛にならないこと、腰の負担をかけないこと、骨のこと、部分的な体の部位のこと、等に特化した結果。
固いものが柔らかいものよりもいいと言われてきたのでした。

当店はお一人お一人に適したリラックスできる固さのマット敷き寝具をご紹介しております 

リンク:日本には“睡眠=リラックス”の文化が無い?

柔らかいマットは腰に悪いのではないのか

先ほどの内容から硬い布団がいいと言われていた理由に柔らかい布団は腰に悪かったと言う背景がありました。
その理由は、


”寝ている時に体の中心となる胴体の部分が沈み込みすぎて姿勢が崩れる”

”その体勢のまま朝を迎えると非常に腰や背中に負担がかかる”

というものでした。

これは今でも体重の非常に重い人が普通のマットレスなどを使った場合にも起こることです。
沈み込みすぎるということは姿勢を崩して辛い体制のまま眠ることになるんですね。
体重の重い方は特に敷き寝具しっかり整えましょう。その腰の辛さは敷き寝具が大きく関係しています。

リンク:ウッドスプリングとラテックスマットレスをお勧めする理由

なぜねむたやマットは柔らかいのに首肩腰に優しいのでしょうか

当店がお勧めしているマットの素材はゴムの素材です。
天然のゴムの木から取れた樹液を使った弾力のあるもちもちとした素材です。
手で触ったところ柔らかそうで不安に感じる方も多くいらっしゃいますが、強く押せば押すほど跳ね返ってくる”強い反発性”が
重心となる胴体はしっかりと支え、横たわった時にはいつのまにか良い姿勢のまま力が抜けている、という不思議な素材のマットです。

ちょうどよい 沈み込みと跳ね返りのある支えまるで浮いてるかのような楽な睡眠環境を作っています。

リンク:商品一覧

なぜねむたやはマットおすすめするのか

枕、マット、ベッド、布団、シーツなど、色々な寝具がある中、敷き寝具であるマットをおすすめする理由は、日本国内の敷き寝具のレベルが非常に低いためということが挙げられるでしょう。寝具先進国のヨーロッパでは敷き寝具の寝心地の水準が非常に高いのに比べると、日本では敷き布団一枚という昔からの文化を引き継いだ”やや過酷な環境”が今でも健在しています。
逆にいうと日本はその点を底上げするだけで随分と眠りの質が変わるということが言えるでしょう。
今まで何であんなに固いもので寝ていたのだろう」
「いつも我慢しながら横になっていた」
「痛いのを我慢しながら寝ていた」
「痛さで目が覚めてつらかった」
「夜中何度も目が覚める理由は腕のしびれだった」

など、また、
「背中や腰の痛みを我慢しながら寝ている」
「腰の痛みに堪えながら立ち上がっていた」
「腰の痛みを我慢しながら起き上がっている」
「ベッドから立ち上がる時の腰が非常に心配で不安になる」

そのようなお声を多く頂いています。
これらは全て体をリラックスさせ休ませてなかった睡眠時間に原因があるのです。

敷き寝具の改善それだけで眠りの質が格段と上がるでしょう。

リンク:寝ていて身体が痛い人へのアドバイス

寝返りの回数は気にしない

睡眠の研究の中で寝返りの回数など理想的な数値を発表されているところもあるようですが、実際寝るのは実験に参加した人々ではなく、あなた自身です。
あなた自身の体が十分に休み、寝返りしたいときにできることが重要です。
寝返りという行為には深い意味は無く、一定時間同じ体勢でいてそこからその姿勢が辛くなった時に行なっている行為です。

快適な環境であれば寝返りの数も減りますし、しっかりと休めます。


また、寝る人と寝具の相性によっては、寝返りのし辛い睡眠環境などもあるため、寝返りをしたくても十分に寝返りができず、負担をかけたまま朝を迎える方も多くいらっしゃるようです。


窮屈で動けなかったり、沈み込みすぎると寝返りがし辛くなる。

リンク:見分ける必要のある睡眠の情報



  

理想的なのは”いつでも楽な姿勢がすぐでき、少ない筋肉の量で楽に寝返りができること”です。横になった瞬間からすぐ休むことができ、楽な姿勢を探し続けることなく少しの動作で気持ちの良い寝姿勢が見つかるというものが理想的な環境です。

当店の天然ゴムの素材のマットはその点にも非常に優れ、深い眠りはもちろん楽な姿勢 がすぐに見つかる優しい睡眠環境を整えることができています。

リンク:首や肩の前に腰を最優先して休めさせる

年齢問わず大切な敷き寝具

お子様からお年寄りの方まで、毎日しっかり体を休ませる事が可能な場所となると、寝具の上になると思います。
また仰向け、横向き、うつ伏せなど、様々な姿勢で寝ますが、楽な姿勢が見つからなければ年齢関係なく睡眠の質は落ちてしまいます。
また、仕事やスポーツで疲れている体の部分がある場合、その部分を十分に休めなければ日中のパフォーマンスも落ちてしまう一方です。
老化現象も早まり病気にもかかりやすくなり、ぎっくり腰をはじめとした怪我など原因にもなってしまうでしょう。運転の事故や勉強などでぼーっとしてしまうようなヘマやミスの原因にも関係してきます。


毎日、寝る時間が人々にはあります。

同じ時間を過ごしていたとしても、全く休まっていない人や体を痛めている人もいれば、深くしっかりと休み朝から元気で活動してる人もいるはずです。

寝具の環境だけでなく、睡眠の質は年齢や筋肉の量などでも変わってくるため、比較的若い男性などは眠りの問題に気がつきにくく、寝具に興味がない方も多くいらっしゃいます。
そのような方であっても歳とともに負担がかかってきたり、特に負担の 首や肩や腰の悩みが睡眠の環境にあるということに気づかれた場合には、休む環境の見直しというものも行われている方も実際に多くいらっしゃいます。

お子様の眠りというものも非常に重要です。

寝る子は育つと言われています。
学力やスポーツにも頭のきれいやミスやへまのなさそういうものは日頃睡眠によって疲労を貯め続けていないからこそできると思っています。
大切な眠りぜひ見直してみてください。

リンク:睡眠のプロが伝える正しい休み方

ねむたやのマットで寝て嬉しいポイント

横たわった瞬間から気持ち良くリラックスできすぐ眠りにつくことができる

寝ている時に体が自由に伸ばせたり曲げたり楽な姿勢を作ることができる

腕を敷きこんでいても痛くなくしびれや痛みなどがない環境が整っている

寝返りをしてもすぐに楽な姿勢が見つかる

楽なので寝返りする回数も減りじっと気持ちよく休むことができる

力が抜け深い呼吸ができるので深く眠ることができているのか夜中起きる回数も減る

起きた瞬間からの立ち上がりや歩いた時の楽さが違う

十分に休まった感じがする


このようなお褒めいただいたポイントがたくさんあります。

皆様も是非実際に体感してみませんか?
リンク:お客様の声

1人1人に合わせて選ぶマット

ねむたやのマットは体の形体の重さ筋肉の硬さなど、おひとりおひとりの体質や体型に合わせて良いものをお勧めしています。

人がリラックスできる環境というものは一人一人違っており千差万別です。寝返りがしづらい筋肉の少ない人、何かが当たっただけで痛く感じる人、筋肉はありすぎて寝返りの勢いが強い人、体重が重く沈み込みやすい人、肩が出っ張っていたり身体のカーブが急なために姿勢が崩れやすい人…非常に多くの体型の人々を見てきました。それは街ゆく人々の顔が違うように皆様の体の形も違っているようです。 

当店は良い眠りというものをみなさんに届けることを目的としているため、お一人お一人に合わせて理想的な環境をお届けしています。休まることというものを手に入れてみましょう。

実際お店で体感できるマットです

ねむたやでは、ご来店頂いたお客様お一人お一人に合わせて適切な環境のご提案をさせて頂いております。
寝ている時の姿勢、寝ている時の癖、体の動かし方、体の負担のかかっている部分、それを守る癖などを観察させて頂きながら、
お一人お一人に合わせて良い提案をさせて頂いております。

マットというものは、随分と環境を変え皆様を驚かすものだとは思いますが、体質や体型によってはマット以外のものを先に案内することもあるかもしれません。しかしながら眠りの質を向上させるポイントとしてマットというものは非常に大きな睡眠の向上の可能性を秘めています。
楽に休める環境というものを整え毎日を楽しく過ごしてただきたいと思ってます。

 

寝姿勢診断もおすすめです。
ねむたや寝姿勢診断とは

全国の皆様にはお電話でもアドバイスしております

お気軽にお問い合わせください

メールでやり取りしていたり、写真を送っていただいたり、もちろんお電話などでも様々な方法でお一人お一人に丁寧にアドバイスをしております。
適切な寝具をお探しで、店主にお任せして頂けるのであれば、体重や体型写真などから適切に環境が整うようなバランスのアイテムもご案内させていただいております。
マットに関しましては、決して安いものではありませんから実際寝ていただくこともお勧めしておりますが、現在ではとても信用してくださりご遠方からのご注文なども多くいただいております。

注文が来たからすぐ売るということはできず、おひとりおひとり眠る人がきちんと休める環境かどうかを確認をさせていただいてからの販売になります。

長く使っていただけるものですのでずっと喜んでいただけるよう心を込めて販売しております。

お気軽にお問い合わせくださいね。

ねむたやへお問い合わせ

眠りの質問はお気軽にご相談ください

眠りの仕事をしていてわかったことがあります。

睡眠の質の低さが現代の日本人々の健康や心のイキイキさなどの低下を促進させている。
そして 寝具そのものの品質も低下していっている。

というものを見てきています。

便利さを追求しすぎて眠りの質が落ちる寝具も非常に多くあります。
洗えるもの・・冷たく感じやすくするもの・・逆に暖かくする電気を使った寝具・・
いろいろ工夫されたアイデアでたくさん作られていますが、体を休める眠りというものを行うことを目的と寝具が非常に減っています。

 

当店が売っている寝具は体を休めるためのもの。
そこをまずぶらさずにお客様一人一人に案内できるお店。
それが
ねむたやです。

首肩腰の悩み睡眠の問題をはじめおひとりおひとりの睡眠環境の改善をしっかり心を込めてさせていただきます。何でも御相談下さい。

リンク:ねむたやへお問い合わせ
人気商品ページ 最速電話で相談 質問はQ&Aのページ